差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し

差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。まず、差し歯と言うのは、自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は利用することは不可能です。

一方、インプラントは原理が全く異なります。

これは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、沿うして出来た土台の上に義歯を接続して固定するという技術です。

自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であっ立とするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。

歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があればかなり困難なケースでも相当数が治療できるようになってきました。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。

皆さんが気にしているいんぷらんとの耐久性は、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが一般的な説です。

要するに、メンテナンスがしっかり行なわれていればかなり長い間保たせることができますが、日頃のケアが行き届かないと取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけないのです。

治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、麻酔のために入院することはまずありません。

ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。

また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。

自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。

手術では他の歯に触れていなくても、いんぷらんとをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。人工歯根を埋め込んだことで、その付近の歯の神経も刺激を受け、反応し立ためでインプラントがなじんでくれば、違和感もなくなることが多いです。ただし、他の原因で生じることも十分考えられるので、違和感がおさまらないときは速やかに歯科医の診断を受けることで早めの対応をしていきましょう。代表的なインプラント適用のケースは、他の健全な歯を傷つけるのは避けたいという場合があります。

ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯を削って支えを作らなければなりませんが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、周辺の歯には関係なく失ったハだけを再生できます。他の歯に影響を与えずに、失ったハを再生したいという希望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。

厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。

全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。

医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。

確定申告を行うときには、ハ科医で発行した領収書は医療費の支払い証明になるのでなくしたり、レシートの印字が消えたりという間違いがないよう暦年単位で、大切に保管しておきましょう。がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察して貰うことが必須条件です。

いんぷらんとが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周炎などの可能性があります。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。

術後、麻酔が切れてくると、腫れと共に痛みを感じることもあります。

頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦し向ことはほとんどないと言えます。

インプラント治療を検討中の方、大切なのはどんな歯科医にかかるかです。いんぷらんと埋入などの技術に優れているかどうかは持ちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医がどのような技量を持っているかでかなり治療実績には差があると考えられます。この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。

歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適ないんぷらんと生活を決めると言っていいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA