インプラントは、人工ハ根と義歯

インプラントは、人工ハ根と義歯をアバットメントで接続するものですが、一種類だけではなく、部品の接続形態によって数種類の分類があり、患者さんの健康状態などに応じて使い分けられます。骨に埋め込む歯根部と、義ハを装着する支台部が一体になっている1ピース・いんぷらんとといわれるタイプと、分離型の2ピースタイプがあり、ほとんどのインプラントは2ピースタイプです。

よりメジャーである2ピースタイプは、そのコネクション部分の形状により、二つのタイプ(エクスターナル・コネクション、インターナルタイプ・コネクション)があり、接続が簡単なインターナルタイプの方がシェアが多くなっているんです。

ブリッジや入れ歯にくらべ、インプラントではしっかりと噛むことができ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいますから歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯は共に、ガムを噛んだくらいではびくともしないくらいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。持ちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんが治療後はほっておいていいと考えてはいけません。インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎とハ根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残存している歯と同様に歯科医や衛生士の指導に従って、毎日のセルフケアを怠らないことが大事です。また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。

インプラント治療の成否を決めると言っても言い過ぎではないのが、自分に合った歯科医と歯科医院を探すことです。

この治療には、専門的な判断と技術を要することがあるためとにかくあまたのいんぷらんと治療にあたってきた豊富な経験のある歯科医を選ぶようにしましょう。それは持ちろんのこと、費用面の問題を起こさないよう、費用についてクリアにしている、感染症予防策をはっきり示している、いつでも治療の状況や、口腔内の状態について明りょうに答えてくれるといったことも重要なチェックポイントになります。

一度埋め込んだインプラントの使用可能年数は、普通にしていれば一生物などと言われますが、現実的には、施術後のセルフケアと、歯科医の技量にも影響される部分が大きいようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、ものの数年で劣化してしまう場合もあるでしょう。ケアを怠ると歯槽膿漏などの罹患の可能性もありますし、沿うするとインプラントの土台となっている骨にも悪影響が出るので、義歯の耐用年数自体も短くなり、最悪の場合はインプラント自体を埋め直す必要が出てきます。

歯科治療で手術を受けたことがない方には、いんぷらんと埋入手術は術中の痛みが怖いと思います。

インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくることもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。最近話題になることも多いインプラント。

しかし、この治療方法も決して万能ではなく、気に留めておくべきポイントがあります。まず挙げられるのは、インプラント治療を受けるには条件があることです。いくつか例を挙げると、ガンで治療を受けている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。

そのような場合は別の方法に頼るしかありません。インプラントの利用を考える際に、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。

その点は、担当医の技量に加え、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、どうなると言い切ることはできず、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。鎮痛剤を飲んで、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、放置せず、すぐに担当の歯科医に診せましょう。

どんな完璧ないんぷらんと治療でも、治療が終われば後はほっておいて良い所以はなく、アフターケアが寿命を決定します。

毎日丁寧にブラッシングすることによるプラークコントロールを継続した上でインプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。

どんな堅牢なインプラントでも、ケアが行き届かなくなると歯周炎などの可能性があります。他の生活習慣とくらべても、喫煙がインプラント治療に及ぼす影響は小さくないと覚悟して頂戴。

一般的なインプラントの治療は数ヶ月かかりますが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療の成否を分けます。

周辺組織を回復指せるために、ニコチンも一酸化炭素も確実にマイナスの作用があります。快適に使えるいんぷらんとを手に入れたいなら、治療が無事終わるまでの間と思ってしっかり禁煙するべきでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA